ゴンチチst.にて

画像


S.S.W.のCan'noちゃんのプリ・プロダクション。

昨年の年末から始まった素晴らしい歌声の持ち主Can'noちゃんのRec.プリ・プロダクション。プロデューサーの冨田ユズル氏を中心に「ああでもない、こうでもない」なんてスタジオ作業の"醍醐味"を味わっている最中だ。

スタジオは一軒家を改造した都内某所のゴンチチ様のプライベート・スタジオ。なんといっても居心地がすこぶるよい。出来ることならココに住みたいっ!っつうくらい。大事っスそういうの。

写真はゴンチチ様所有の「ギタロン」を抱えるCan'noちゃん。ギターも大きいが、彼女も小さい。

桜が咲くころまで作業は続くのでR。

この記事へのコメント

ゆき
2010年02月25日 15:48
きのせいかと思いましたが ほんっとに大きなギターだったんですね!f^_^;

素敵な歌声…聴いてみたい・・・(*^_^*)
中森
2010年02月26日 01:29
>ゆきサン
そう、大きいんです。メキシコ発祥のこのギターはナイロン弦のアコースティック・ベースといった感じ。昔やってたバンドで導入を考えたんですが、よい状態のものが見付からず断念。初期のHICKSVILLEでも導入を訴えたのですが、敢え無く却下され…。まっ、当然かぁ。。。