GOOD-BYE-CAROL

画像


最近TV等でよくお見掛けする矢沢永吉氏。

ソロになって久しいが、オレのイメージはやっぱりキャロルの永ちゃんだ。初めてキャロルを見たのは確か"11PM"に初出演した時だったと思う。司会の大橋巨泉が紹介して出て来きたバンドは全員革ジャンにオールバックという出で立ち。永ちゃんの「オールバックでキメてみました!」という言葉が新鮮で次の日の学校ではちょっとした騒ぎになった(といっても5~6人?)。

なぜ新鮮だったかというと、時代は70年代初頭で国内に長髪がやっと定着した頃だったからだ。ファッションのリバイバルは大体20年周期なのでオールバックやリーゼントの波が次にやって来るのは70年代の終わりくらいのハズだった。っつうことはかなりビミョーな時にロックンロールな格好をしていたワケで、上記の「ちょっとした騒ぎ」は「オールバックだってさ」という失笑を含んでいたのだ。だってそんな髪型してるのは確実にオッサンしかいなかったのである。
その少しあとに「アメリカン・グラフィティー」が公開されるのだが、これも設定が公開の10年前、ベトナム戦争前夜の話しであり大きなアメ車にリーゼント、所謂"50's"だった。これもリバイバルにしてはちと早く、今にして思うと興味深い。

そんなキャロルは72年に「ルイジアンナ」でデヴュー。
3年後の日比谷野外音楽堂で行われた伝説の"キャロル・ラスト・ライヴ"で幕を閉じる。その間の活躍はご存知の通り。

で、そのラスト・ライヴ(75'4,13)が行われた一週間前に発売されたのが「GOOD-BYE-CAROL 」だ。内容は今で言えばそれこそ"Anthology"ということになるだろうか。曲が出来るまでのスタジオでのセッションやライヴ音源が入っている。曲先行のものにインチキ英語?を乗っけるやり方。今聴いてもドキドキする。

のちの名曲「ファンキー・モンキー・ベイビー」の歌詞が上手く乗らないシーンがあるのだが、こちらとしては出来上がりを知っているので「もう少しこうすれば~」なんて思ってしまったり。(笑)
そんなこんなで大好きなアルバムだ。

"GOOD-BYE-CAROL" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント