グランドショーの幕は降り…

本番が始まるギリギリまでバタバタだったけど、無事に終了! オレが手伝う和恵さんのライヴ、今年はこれで終わり。 また来年も誘ってくれるといいナー。 友情出演のミッツさんとメイリーさん、歌も良かったけどトークがサイコーだった。さすがだね。(ミッツさんは"サンジャポ"でよく拝見している) 写真は当日のリハーサル風景…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9/17

ギャランティーク和恵さんのライヴ。 今回はいつもの南青山から水天宮前に移動。「日本橋劇場」という古い劇場だ。場所的にはなんだか"ニューミュージックから演歌に移行"した感じだが内容がそうなるワケではない。 ホーンセクションが2人増えて3人体制。堂島孝平楽団でもおなじみの"踊る津軽弁のトランペッター"田沢麻美ちゃんもその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンデレラじゃあるまいし

クールス35周年記念のライヴを観に野音に行って来た。 ジェームス藤木さんのライヴは観たことがあったけど、クールスは初めて。"シャ・ナ・ナ"を意識して始めたというバンド、"シャ・ナ・ナ"好きのオレとしては一度は観ておかないと、と。 デヴュー曲の「紫のハイウェイ」(矢沢永吉・作)や「シンデレラ」(近田春夫・作)というヒッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デジタル化

たまには撮影にも行く。 最終的にはデジタル化するのだが、つい最近まで並行してフィルムも使っていた。がしかし、材料代が雲泥の差ということでアナログでの撮影は最早有り得ない。 ある時「水戸黄門」がフィルムからビデオになった。物凄く違和感があった。質感の差。作る側は失敗(事故)が少なきゃ、制作費も少なくて済む。ハイビジョン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Superflyでマンドリン

先日フジテレビ「僕らの音楽」の収録に行って来た。 バンマスの八ッ橋(義幸)くんに誘われてSuperflyで1曲マンドリンを弾いた。マンドリンでTVに出るなんてそれこそRotten Hats以来かも知れない。 素晴らしいバンドなのでちょろっと入って弾くオレは楽チンだったナー。 それよりなにより志帆ちゃんの圧倒的な歌唱…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鎌倉の夜は更けて…

ディモンシュでのライヴ終了。 暑い中足を運んで下さったお客さん、手厚いもてなしをして下さったお店のスタッフの方々に感謝です!お陰でとてもいい気分で楽しくライヴが出来ました。また近いうちに出来たらいいなぁ。。。 10数年振りにお邪魔したディモンシュ。何も変わっていなかったのがミョーに嬉しかった。当時のことを思い出しなが…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

シングル、完パケ

サリー・ソウル・シチューのRec. 9月にリリース予定の7インチ・アナログ・シングル分が完パケた。あとはTDとジャケット製作。さぁ、間に合うのかっ!?なにしろ国内のアナログ・プレス工場はもう1ヵ所しか残ってないからね。時間が掛かる。 で、Rec.の最後に登場したのは*レモンちゃん。ドカ~ンとパンチの効いたコーラスを入…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

合わなさすぎ!

Tell Me Why / The Beatles 洒落たイントロからサビがスタート。シャウトぎみのジョンの*ダブル・トラックのVo.がカッコイイ!! でもそのダブルのVo. & Choが気になる部分がある。3番の平歌の後半、サビに入る前のみんなで歌っているファルセット部分。"縦"が合っていなくてバランバラン。声だら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

乞うCD化

Michael Gatelyの1st.アルバム"Gately's Cafe" 先日の渋谷タワーレコードでのレコード・トーク・セッションに持って行っていたアルバム。機材トラブルの為に時間が押したので残念ながら割愛した。 Hirth Martinezの"Hirth From Earth"がRobbie Robertson…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベベチオのRec.

ベベチオが2年振りに2枚目のアルバムの録音を始めた。 久し振りに会う2人だが、1mmも変わってなかった。 ふんわりシャープな早瀬くんと、ふんわりぼんやりの平良くん。 相変わらず素敵な2人だね。 今から出来上がりが待ち遠しいのでR。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「キャタピラー」

若松孝二監督作品「キャタピラー」のサウンドトラックが発売される。 この映画については以前にも紹介したが、その後主演の寺島しのぶさんがベルリン国際映画祭でコンペティション部門・銀熊賞・最優秀女優賞を受賞して話題になったのでご存知の方も多いのではないだろうか。 1曲だけだけどこの映画に関われたことはヒジョーに嬉しい(『棚…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Hirth MartinezとThe Last Waltz

今日ハースは最終公演地である函館に向かった。 初日が長崎で最終日が函館ってなんかいいね。 まだ終わってないけど、是非気をつけて帰ってもらいたいものだ。 そんなハース、昨日のトーク・イベントでも長門さんが言っていたが実はあの「ラスト・ワルツ」に出るハズだったのだ。ロビー・ロバートソンが当時のプロデューサーだったからね…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

渋谷タワーレコードにて

今日(17日)HIRTH MARTINEZ再来日記念イベントがある。 (スゲー、ギリギリの告知) オレも失礼して第1部の「レコード・トーク・セッション」に参加する。 おヒマな方は是非!! 渋谷店移転15周年記念 HIRTH MARTINEZ再来日記念イベント 第1部 レコード・トーク・セッション 出演 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Long Time No See You!!

ハース・マルチネスのライヴに行って来た。 ガット・ギター1本の弾き語り。伴奏も何もない中、単音のソロ(正確にはコード弾きも時折交えて)を弾きまくるスタイルに変わりなし。十数年前に観た時の"衝撃"がぶり返す。明日(今日16日)もライヴがあるのであまり詳しく書けないが、とにかく素晴らしいライヴだった。時間がある方は是非足を運ん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鎌倉のイタ~イ想ひ出

8/5は鎌倉ディモンシュでライヴ。 最近ではすっかり行く機会が減ってしまったが、学生時代にはオレ以外全員鎌倉在住というバンドをやっていたので週末は必ず鎌倉へ行くということが1年程続いた。ご存知の通り夏場の週末はクルマがギッシリで普通に走っていては二進も三進も行かない。ウラのウラの更にウラ道を教わりなんとか凌いだ。お陰でフツ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

西千葉 cafe STAND ライヴ終了

『終わっちゃったぁ~』って感じ。楽しかったからねぇ~。 来て下さったお客さん、お店のスタッフの方々にとにかく感謝!! 久し振りのワンマンで少々ゆっくりやりすぎたかも。立って観ていたお客さんは大丈夫なのかなぁ?と、途中心配になったり。長い時間の内訳はトークが半分(以上?)だったしね。 東京からクルマで1時間半とい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Sayalessandra(Sayaka Sato)という人

カッコイイ女子発見! You Tubeでロカビリーものを見てたらElvisの"Baby Let's Play House"をギター1本で弾き語っているエキゾチックな女子を偶然発見。 すっかりくぎづけに。 若い女子がElvisをギター1本で弾き語るなんてそうそう見れないもんね。 http://www.youtube.c…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Cass Elliot

最近またよく聴いている。 なんかね、Mama Cass聴くとホットするんだよね。 HICKSVILLEでも彼女の作品、「Rider」と「浅き夢みし」の2曲をカヴァーしていて、更にM☆A☆S☆Hでも「People Like Us」をカヴァーしたことがある。真城が似ているから、とかじゃなくて彼女の歌が持っているフンイキが素敵…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「cobi」って覚えてる?

W杯サッカー真っ只中。 オレも寝不足になりながらもTV観戦している。 ってな話しにはあんまり関係なく"スポーツつながり"っていうだけでオリンピックのマスコットの話し。夏季または冬季オリンピックのマスコットには気になるキャラクターが多い。モスクワの「ミーシャ」、ソウルの「ホドリ」、長野の「スノー・レッツ」等々。その中で断然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fuzz & Fuzz

サリー・ソウル・シチューRec.の続き。 今日はギター・ダビング・デー。しかもFuzzばっかり。 Ace ToneのFuzz MasterにRolandのDouble Beat(Wah-Fuzz)を直列で繋ぐ。 色々な組み合わせで使うためで、いちいち外すのも厄介だし。 直列で音が劣化してもぜ~んぜん気にしない。だって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more