青マン~スタパ

ギャランティーク和恵さんのライヴ、終了。 当日の昼間は暑くて機材の搬入及びセッティングでみんな汗だくだったが本番前に降り出した雨は冷たく、帰る頃にはかなり寒くなっていた。まさに季節の変わりめ、みんな体調を崩してなければよいが…。 さて、ライヴはいつものように大盛況。そしてよい雰囲気。 楽屋もくだらない話しで盛り上が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

作業再開!

HICKSVILLEのRec.作業再開!! 一体何年掛かってんの???って話しだけどね。 しかも久し振りにゆっくり集まると余計な話しが多くて…。(主にオレ) いい加減ペースを上げて行かないとね。 写真のギターは木暮のメイン・ギター。これはね、ホント音がE。 因に「バイバイ・ブルース」のオレのギター・ソロはこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

11/1

ギャランティーク和恵さんのライヴ。 今回は中村泰士特集だ。 ニュー・ミュージック系のものは少なく、どっぷり歌謡曲、 って感じかな。 ゲストは渚ようこさん。 歌謡曲の演奏は大変だけどなーんかワクワクするんだよねぇ。 HP=http://gallantica.com/index.html *****…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

誰も喜ばないクルマの話し

最近どうも水温が高いなぁ、と思っていた。 先日フラカンのライヴを観に日比谷まで行った時に水温が上がる上がる。 久し振りのメーターにらめっこ状態。オーバー・ヒートこそしないが心臓によくない。 でもつい最近ラジエターは換えたし、クーラントも充分に入っている。 ということはサーモスタットかファン・クラッチかファン・クラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

風とロックFES 福島 其の2

その後も熱いライヴが繰り広げられた。 バック・ステージでは用意されたアルコール類が無くなってしまう程みんな楽しく飲んでいた。環境が良すぎたというか和みすぎたというか…。 がしかし、少々のんびり進んでいた為にThe Back Hornの途中で時間が来てしまいその後は仕方なく全体の音量を下げざるを得ない事態に。。。 そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

風とロックFES 福島 其の1

木暮の地元である郡山でのFESはスバラシく楽しかった。 午前中からのスタートで一発目が怒髪天、と。 増子くんの「オハヨーございま~す」には笑った。 場所も時間も違うのに前日のフラカン~怒髪天の流れがなんともミョーに自然で。 で、我々。ARABAKIに続いて2度目の「堂島孝平+HICKSVILLE」だが、なんだかず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フラカン11年振りの野音

フラカンの結成20周年祈念ライヴに行って来た。 デヴュー当時から公私共に?仲良くしてもらっている。 そもそもはグレートとお互いに「サザン・ロック好き」というところで盛り上がってその後彼が主催していた「クラブG」というDJイベントに度々呼んでもらったり、一緒に「80'sの逆襲」というDJイベントをやったり、年末のK.O.G…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日のCRT

急遽ライ・クーダー・ナイトのCRTにお邪魔することになった。 結果「ギター長屋」の面子に。。。 時間があれば是非!! CRT&レココレpresents vol.121 「鳥肌! スライド天国~ライ・クーダー・ナイト」 CRT&レココレ・イベントも開始から10年を突破! 心機一転、原点に立ち返り、今月は米ル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

堂島孝平+HICKSVILLE

昨日は来週のフェス用のリハーサルだった。 久し振りに3人揃うハズのHICKSVILLEだったが、真城は絢香のライヴで青森に行っていた為に欠席、と。 メンバーはベースに鹿島(達也)くん、Keyにシュンちゃん(渡辺シュンスケ)、ドラムにハリー(張替智広)とゴキゲンな仲間たちだ。 休憩中外に出たらどこからともなく金木…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ハワイアンではない

話しがかなり前後するが、去年の8月にリリースされた"角森隆浩 with ダイナミックオーシャンズ"のアルバムでギターとマンドリンを弾いて、ジャケットも撮影した。 「平成のウクレレ吟遊詩人・角森隆浩。麗々しき娘たち=ダイナミックオーシャンズを率いて世の不条理を歌い叫ぶ!」というサブ・タイトルでなんとなく雰囲気を察して頂きたい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

in time "on sundays 2"

in timeのアルバム"on sundays 2"でギターを弾いた。 in time=キーボーディストの冨田譲氏を中心とするカヴァー・インスト・バンド。メンバーはオルガン:冨田譲、メロディオン:松尾光、ベース:小山晃一、ドラムス:宮川剛。 Rec.は去年から始まっていたのだが、リリースされたのはこの8月。 メロデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画のエンディング其の二

ハッピーエンドのその後は想像してはいけないものなのだろうか!? 例えば「卒業」。(音楽がS&Gだし好きな映画だ) あの"感動的"ラストのあとはどうなっちゃうんだろう?と。。。 ドレスを着たまま、しかも多分手ぶらでバスに乗っちゃって。 一体何処に行ってどうやって暮らすのか??? やっぱ「感動しました~、凄く泣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/18

「207万人の天才。風とロックFES 福島」 木暮の出身地である郡山でのイベント。 福島県に纏わるアーティストをフィーチャーして行われる。 バンド(先に行われたアラバキに引き続き堂島くんと一緒)としても久々のライヴ、しかもSoul Set、怒髪天、スネオも一緒で楽しみなのでR。 木暮のメガネ=地元なので盛り上…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

10/3

青山でシリーズ化しているギャランティーク和恵さんのライヴだが、 今回は少しコンパクトにして横浜に出張する。 ここ3回のライヴからのベスト選曲という感じかな。 朝までDJをやった後のライヴ。 個人的には力が抜けていいかも、なんちて。 **********************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画のエンディング

近未来SF映画が好きだ。 その代表のように言われ人気の高い「ブレードランナー」だがオレはあまり好きではない。簡単に言うとあの都合のよい"ハッピー・エンド"さがどうにも…。 それに比べカルト映画とされている「未来世紀ブラジル」の救いようの無いエンディングはたまらない。(当初はユニバーサルからの命令でエンディングをカット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/2

久し振りのDJイベント。 詳細は↓、ヨロシク!! 下北沢CLUB Que 15th ANNIVERSARY"復刻版スペシャル"として「70’s & 80's」が登場!!約10年の時空を越えて、伝説的な夜を彩った当時のレギュラー陣が集結します。GUEST DJは「80'sの逆襲」から中森泰弘(HICKSVILLE)/木暮晋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サントラ

若松孝二監督の新作映画で1曲ギターを弾いた。 映像を観て気持ちで弾いてくれっ!とのこと、ギターのタッチには"嫌らしい感じ"を入れないように集中した。 因に前作「実録・連合赤軍・あさま山荘への道程」ではジム・オルークが音楽を担当。新作はサリー・久保田氏の担当だ。 映画の内容については公開後に触れようと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央区にて

交差点の先頭で警察車両が立ち往生。 台風の影響で大荒れの天気の中、帰り道を急ぐクルマで都内の道路は混み合っていた。そんな中3車線ある道路の一番右を走っていたオレは赤信号でパトカーの後ろに停車。青信号に変わったのでアクセルを踏もうとするも前のパトカーは発進する様子がない。バックミラーを見るとオレの後ろは当然ビッシリ繋がってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ハイブリッド」っていう本

友人がこんな本を出版した。 エコカー減税などで予約殺到のハイブリッドカー。 全く注文に追い付いていないらしい。 クルマに興味があれば当然乗ってみたいものだ。 オレは初代プリウス、初代インサイトが発表された時某有名クルマ雑誌のテストに同行させてもらったことがある。とにかく色んな意味で予想以上にビックリした。(因にこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高校野球

中京大中京と日本文理の決勝戦にはシビレた。 これぞ真剣勝負!! その選手たちに笑顔は少ない。 でも死闘が終わったあとには爽やかに相手を讃える。Eね! ボクシングやサッカーにもこんな光景があるが好きなシーンだ。 この決勝戦は別にして最近の高校野球の"笑顔"が気になる。 「笑顔が絶えなくていいチームですねぇ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more